安心して住める部屋を選ぼう

単身赴任のときには一人でも安心して住める部屋を選ぶのが大切です。家族で暮らしているといつも誰かが家にいるという場合もよくありますが、単身赴任をするときにはほとんどの時間が留守になってしまいます。防犯設備が整っている物件を借りて、外出するときにも安心できるようにしましょう。鍵のかけ忘れがないようにオートロック物件にしたり、エントランスにセキュリティーがかかっている物件を選んだりするのが無難な考え方です。

家財の調達と処分を考えよう

単身赴任は数ヶ月から数年程度のもので、その期間が終わったら元の家に戻ることになる場合がほとんどです。一人暮らしを始めるために家財を調達しなければならず、洗濯機や冷蔵庫、ベッドやタンスなどを一通り揃えると数十万円もかかってしまうでしょう。特に単身赴任の期間が短いときにはまだ家財が新しいうちに処分をしなければならなくなります。もったいないという気持ちがあっても、家族と一緒に暮らすときには必要ないものばかりかもしれません。

単身赴任中の家財をいかに調達し、処分しやすくしておくかは重要なポイントです。短期間であれば家具も家電もレンタルで済ませてしまうのは良い解決方法でしょう。また、地域によっては家財付きの賃貸物件やマンスリーマンションも利用できます。やはり自分のものを買いたいという場合には新品ではなく中古を探してみるのも良い方法です。リサイクルショップやオークションを活用して探してみるのが賢明でしょう。

数ヶ月から数年単位で利用する単身赴任の家具は、レンタルを使っておくと安上がりで済みます。赴任先への家具配送や回収は、業者がやってくれます。