利便性を考えたら周辺環境が大事

一人暮らしの物件選びでまずポイントとなるのが周辺環境です。毎日の通学や通勤に公共交通機関を利用するなら、最寄り駅やバス停が近くにある物件だと、朝もゆっくりできますし、疲れがたまる帰宅時も長時間歩かずに済みます。通学や通勤に自家用車を利用する場合は、周辺の道路情況をチェックしておくことが大切です。混みあう幹線道路に面した物件だと、なかなか合流できない場合があります。また、一人暮らしの場合は日々の買い物をすべて自分でやらなければならないため、スーパーやコンビニ、ホームセンターなどが周辺に揃っている物件がおすすめです。帰宅が遅くなることが多い場合は、夜遅くまで営業している店舗が近くにあると便利です。

周辺の安全性についても忘れずにチェック

一人暮らしということで忘れてはいけないのが、物件周辺の安全性についてです。昼間は人通りが多く賑やかな通りでも、夜間になると一変する場合があります。また、街灯が無い暗い道は大変危険なので、物件の下見をする場合は昼間だけでなく夜間も行うようにしたいものです。できれば通学や通勤経路を実際に歩いて確認しておくと安心と言えるでしょう。また、道は明るくても、周辺に植え込みや誰も住んでいない家が多い物件は避けた方が良いかもしれません。低層階の物件を希望する場合は、隣家の屋根や大木、塀などを使って窓から不審者が侵入する危険があるため、周囲にそういった危険がないかも忘れずにチェックしておくことをおすすめします。

家具の家電のレンタルのサービスを提供している業者には、最新製品から定番製品まで主力メーカーの多種多様なアイテムが揃っています。