デザインばかりでなく実用性にもこだわろう

結婚後に長く使用できる婚約指輪を選ぶには、注文をする際にデザインばかりでなく実用性の良し悪しにもこだわることがおすすめです。特に、冠婚葬祭やパーティーなどのフォーマルなシーンだけでなく、日常生活の中で婚約指輪を着用する機会が多い場合には、シンプルで主張しすぎないデザインを選択することがポイントです。また、体型が変化しやすい人であれば、フリーサイズやリングの幅にゆとりのあるものを探してみると良いでしょう。最近では、普段使いにも役立つ高級感のある婚約指輪を販売しているジュエリーショップや通販サイトの数が増えています。そのため、コーディネートのワンポイントとして婚約指輪を活用したい場合には、余裕を持って売れ行きの指輪をチェックしておきましょう。

購入後のサービスの内容も重視しよう

婚約指輪の購入後に品質をしっかりと保つうえで、なるべくアフターサービスがしっかりしている店舗を購入先に選ぶことが重要となります。たとえば、金やプラチナなどの高価な素材を使った婚約指輪については、専門的なメンテナンスが必要となることもあるため、クリーニングや傷の修復など一通りのメンテナンスを依頼できる店舗を探すことがおすすめです。最近では、有名ブランドだけでなく、ノーブランドの婚約指輪も無料でメンテナンスをしてくれる店舗が少なくありません。そこで、早めに各地でアフターサービスに定評のあるジュエリーショップの公式サイトやブログなどを参考にして、安心してメンテナンスを任せられるところを見極めることが大切です。

婚約指輪とは、婚約の証明、印として男性から女性に渡すものです。一方、結婚指輪とはあくまでも結婚の記念に2人で購入するものです。