お部屋が広く見える効果が

インテリアの中心に置きたい家具として、ソファーを上げる方も多いのではないでしょうか。くつろぐためには必須のものと言えますし、素敵なデザインのものも多く、置くだけで存在感があるアイテムです。しかし、ソファーは大きくて高さもあるため、狭い部屋に置いてしまうと圧迫感を感じることがあります。その点、ローソファーは高さを抑えたつくりになっているので、大きさがあっても圧迫感を感じにくいというメリットがあります。部屋が狭いからソファーを諦めていた方も、ぜひローソファーを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

床で暮らす日本人にはなじみやすい

ソファーというと、日本人の暮らしにはなじみにくいように感じるかもしれません。しかし、ローソファーであれば高さが無いので、床で暮らしていることが多い日本人には使いやすいものと言えます。座椅子や座布団のような感覚でくつろぐことが出来るのです。こたつなどと組み合わせて使えるのも、高さのないローソファーだからこそのメリットです。こうした点が日本人にとってなじみやすいポイントということが出来るでしょう。

色を中心にコーディネートを考える

ローソファーを取り入れたインテリアコーディネートをする場合、ソファーの色を中心に他のアイテムをまとめていくのがおすすめです。ローソファーは高さはないものの、大きさがある物なので、色にはかなりのインパクトがあります。ソファーの色自体があまり気に入らなかったり、趣味が変わったりした場合にはカバーを変えて色をチェンジしてみるのがおすすめです。こうした形ならその時の趣味に合わせてお部屋のコーディネートをすることが可能になります。

ローソファーとは、一般のソファーに比べて、座る面の高さが低いソファーのことをいいます。床に近くてリラックスできるというメリットがある反面、立ち上がる時に足腰に負担がかかるというデメリットがあります。