迷った時にはこうしよう

結婚式場を決めたら、そろそろウエディングドレスを決めなくてはいけません。一生のうちで一度だけ着る特別なドレスだからこそ、後悔しないように選びたいですよね。プリンセスラインやマーメイドラインのドレスも優雅できれいですし、エンパイアラインやパンツスタイルのドレスも個性的で、どれを選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。自分がいいと思うウエディングドレスを着ることが、必ずしも正解とは限らないので、迷った時には客観的な視点を取り入れてみましょう。率直に意見を言ってくれる友人や、式場のドレスコーディネーターなどの意見を参考にするんです。新郎に意見を求めてもいいですし、先に花婿のタキシードを決めてから、それに合わせる形でドレスを選ぶ方法もありますよ。

結婚式場との相性だけを重視しない

結婚式場の大きさを考えることも大事です。小規模な結婚式の場合はゲスト一人一人に挨拶をすることになるので、ドレスの細部まで見られることになります。だからこそ、細かい刺しゅうや生地の風合いを重視したドレスがいいと言われていますよね。一方、盛大に披露宴を行う場合は広いセレモニーホールが選ばれるので、多少派手なドレスの方が会場の迫力や雰囲気に負けません。でも、結婚式場とドレスの組み合わせ以外にも、押さえておきたいポイントはいくらでもあります。他の花嫁たちとドレスが被ることを避けたい場合は、まだ着用した人が少ない新作ドレスを着るといいでしょう。シルエットを重視したい人は、なるべく身体が細く見えるようなドレスラインを選んでくださいね。

エネルギッシュな湘南、懐深い古都鎌倉、深い杜の緑と朱色が鮮やかな鶴岡八幡宮で結婚式は厳粛な雰囲気の中、神前で行われます。お二人は勿論、参列された方にも忘れられない思い出になることでしょう。