特徴のない結婚式場では人が集まらない時代

近年は、結婚式場も激しい競争を繰り広げています。何しろ、昔に比べると結婚をする男女の数も減ってきているからですね。非正規雇用なので結婚ができないという人も多く、いつまでも独身を貫くという生き方が一般化しています。また、結婚をしても籍を入れるだけで、式は挙げないという人たちも多くなりました。何の特徴もないごく普通の結婚式場では、人気を獲得するのが難しくなっているのです。そのため、ブライダル会社も最近は知恵を絞って個性をアピールし始めています。昔はなかったタイプの結婚式場が続々登場中なので、詳しく見ていきましょう。

具体的にどんな結婚式場が登場してきたのか

ホテルウエディングと言っても、従来のようなごく普通の大広間を貸し切って行うスタイルは人気を落としてきています。もっと結婚式に特化した、しかもおしゃれなスタイルが登場してきているからです。ホテルなら、最上階のワンフロアを丸々使った結婚式ができる例も見つかります。最上階からの素晴らしい景色があるため、ロマンティックさや高級感を演出できるのです。スカイテラスでの結婚式なども、昔は見られなかったものとなります。ただの結婚式ではなく、それ以外に何かプラスアルファの魅力があるものほど人気になる確率が高いですね。

和風や洋風という概念にとらわれないスタイルも人気

昔からある和風や洋風というウェディングスタイルにとらわれない式場も増加中です。大自然の中でフランクに行える結婚式も人気を高めてきています。着物やウェディングドレスを着ない結婚式は昔はほぼ考えられなかったのですが、今では新郎新婦がまったく別の格好をして登場することも珍しくありません。

名古屋の結婚式場で行われる他の都市にはない風習の一つに、菓子撒きがあります。菓子撒きとは高い場所から結婚式参列者にお菓子を撒くことをいいます。